日本の工業製品の品質を支えるノウハウ

リスク回避

測定機器の校正を行う場合、自社内で校正を実施するか外部校正をするかのどちらかになります。自社で校正を行う場合、校正環境を完備することや標準器を保有するなど、コスト面でも問題があります。結果、外部の校正業者で依頼をする方がコストパフォーマンスが良いということになります。しかし、測定機器の校正コストや手間ばかりを重視してしまうことで、割高な費用を支払う可能性があります。
そもそも、校正専門業者と言えども、全ての測定機器を校正することは難しいものとなります。結果、依頼先の校正業者で対応が出来ない場合、さらに外部へと流れるケースがあります。結果、2社3社そしてそれ以上の業者を経由し、非常に高い費用を請求される可能性があります。そのため、外部へ校正を依頼する場合、依頼先で校正対応が出来ない場合は辞退して頂くよう条件を設ける費用があります。
ですが、自社で校正依頼先を探し出す手間を考えた場合、測定機器を販売する商社へ依頼することがおすすめになります。商社へ依頼することでマージンが発生するものの、校正業者を複数経由するより、費用を抑えることが可能です。また、商社の場合供給義務といった概念があるため、依頼元へ確認の連絡が行われ意図しない会社で校正を行われるリスクを回避出来ます。一番おススメなのは、測定機器購入時に商社へ校正対応も依頼することです。

ブランド力を保持

あらゆる工業製品が正しく使えるかどうかをチェックするのが、測定機器を用いた校正という行為です。標準機を使い、測定機器が表す値の関係性を明らかにする事が校正であり、これを行う事で測定機器は高い信頼性を証明する事が可能となるのです。これこそが世界に誇れる日本の製造業を支えるノウハウであり、より高い品質を保つためにも測定機器の校正は日夜全国で行われているのです。
一般的に校正には周期があり、その周期に合わせて専門家が校正を実施しています。定期的な校正を行う事で、その測定機器はより高いブランド力を保持していく事ができるのです。校正を行うタイミングですが、測定機器を実際に使う直前と、使った後という2度のタイミングが一般的です。多くの測定機器校正はこのような周期で行われている事を覚えておきましょう。
測定機器校正に詳しい情報サイトでは、校正に適切な環境なども詳しく紹介してあります。具体的な室温やクリーン度など、校正に向いている環境の市詳細情報が公開されているので、関係者の方は知識として覚えておくのを推奨しておきます。測定機器の種類や特徴なども紹介されているので、幅広い知識を学ぶことができるでしょう。

ピックアップコンテンツ

日本の工業製品の品質を支えるノウハウ

リスク回避 測定機器の校正を行う場合、自社内で校正を実施するか外部校正をするかのどちらかになります。自社で校正を行う場…

この記事を読む

測定機器の校正記録の管理は適切に

11年目が目安 測定機器の精度を保証するため、定期校正を行うことは重要です。特に製品品質に関わる測定機器ほど校正記録を…

この記事を読む

測定器の校正を専門業者に依頼する方法

品質確保のための校正 物を製造している会社や企業で有れば、必ず自社の製品に対しての品質をきちんと管理し、その製品や商品…

この記事を読む

測定機器の校正は自動車の車検とは違う

更新は必須 測定機器の校正は、製品品質の保証や不具合発生時の影響範囲を絞り込むため重要な管理となります。校正では、測定…

この記事を読む

Copyright(C)2017 会社で使用している測定機器にとって校正はブランド力を保持する要 All Rights Reserved.